環境改善に取り組む会社についてまとめてみました。

エスコシステムズや大和エネルギーなど、環境改善に取り組む会社を調べました。

大和エネルギー本社があるあべのハルカス周辺地域情報

      2018/01/31

企業名の通り大和エネルギーは、エネルギー関連の事業を展開しています。省エネ事業や発電事業、設備商品事業に分類されており、現代社会に必要不可欠な仕事を行っている企業です。本社は大阪市阿倍野区に構えており、日本一高いビルとして知られるあべのハルカスの33階にあります。大企業でもある大和ハウス工業株式会社が100%出資している子会社で、より良い環境を維持するための事業や暮らしやすい世の中を実現させるための事業も行われています。

大和エネルギーの本社があるあべのハルカスの周辺は、近年大注目されているエリアになります。天王寺駅や阿倍野駅があべのハルカスのすぐそばにあり、ちょうど天王寺区と阿倍野区の境目あたりに位置しています。これまでこのエリアに観光客が訪れることはそれほど多くはありませんでしたが、あべのハルカスが建てられた影響を受けて、観光客の数が急増したと話題になっています。

結果的に様々な層に向けた買い物スポットやグルメスポットが多数誕生し、地元大阪で暮らしている人だけではなくそれ以外の地域に住んでいる人も訪れやすい雰囲気が整い始めました。

あべのハルカスの周辺だけでなく、あべのハルカスの建物自体に多種多様なテナントが入居しており、他では見ることができない屋内回廊や屋外広場、美術館などが備わっています。その周辺地域にまで目を向けてみると、大阪市が誇る天王寺動物園や初詣のシーズンには大賑わいとなる住吉大社、そしてあべのマーケットパークキューズモールもあります。大阪ならではの料理を食すことができるスポットも多数存在しており、本格的なたこ焼きやお好み焼きも食べられます。
大都会的な一面もありますが、中心部から少し離れてみると緑いっぱいの公園も見ることができます。

グルメに目がない人にとってとてもありがたい存在の駅近グルメスポットでは、新鮮な食材を最大限活かした美味しい料理を食すことができます。大阪市の中心といえば梅田や難波、心斎橋が連想されますが、あべのハルカスの周辺地域は梅田などとはまた違った特徴を有しており、街の雰囲気も多少異なります。あべのハルカスの誕生と共にできた施設やスポットも数多くあるので、目新しさも満点ではないでしょうか。

省エネ分野でアドバンテージを発揮する大和エネルギーの本社の近くには、誰もが楽しむことができる施設があります。あべのハルカス以外にもおすすめスポットがあるので注目してください。

 - 最近の投稿