合同会社YCS本社がある山形県西置賜郡地域情報

      2018/01/31

経費削減のプロフェッショナルでもある合同会社YCSは、2004年に創業され、2013年に法人化された企業です。本社は山形県西置賜郡白鷹町に置かれており、今の時代に必要とされる事業を展開しています。同社の本社がある西置賜郡は3つの町から構成されており、小国町、飯豊町、そして白鷹町になります。かなり自然豊かで都会の喧騒を忘れることができる雰囲気を有していますが、全国的に見ると知名度はかなり低いと言わざるを得ません。

ただ他の地域にはない様々なメリットを有している点も特徴で、すぐそばには美しい山々があるので素晴らしい景色を堪能できます。

合同会社YCS本社がある山形県西置賜郡地域といえば、「紅」で有名なところです。本紅などの染料を作る際に活用される紅花の国内シェアは6割をオーバーしており、知る人ぞ知る「紅」の町といえるでしょう。紅花の他にも多種多様な植物や食べ物が有名で、特に米沢牛は全国的な知名度を誇っています。

合同会社YCSが手がけているような事業内容を実践している企業は日本中にたくさんありますが、本格的な省エネを目指そうとした場合、都会ではなく地方において事業展開を行うことが重要だと気付かされるはずです。山形県西置賜郡白鷹町は人口は約1万5000人程度ではありますが、とても暮らしやすいところです。

移住者を積極的に受け入れていて、魅力的な女性制度も用意されているので、サポートを受けながら自然の中でより良い生活を満喫することができるでしょう。
実際に都会の中での暮らしに飽きてしまい地方での暮らしに憧れた人が山形県西置賜郡に移住をする例も多いです。

移住ではなくて観光目的で訪れることもおすすめで、四季それぞれ違った姿を見せてくれます。春シーズンは桜の花を満喫でき、夏は紅花、そして秋は新鮮なあゆを堪能でき、冬になると贅沢のおそばを食すことができます。白鷹町の観光協会がハイキングコースを作り上げており、自分でコース選択をする必要がなく楽しむことが可能です。

合同会社YCSはこのように美しい景観の中に存在しているのです。主に山形県内で企業経営や店舗経営を行っている人たちを対象とした事業を展開していて、地元に根差した活動が自慢です。山形県西置賜郡の3つの町はいずれも訪れた人たちを虜にして、時が経過するのを忘れさせてくれる魅力を有しています。この地域ならではの美味しい食べ物や特産物を堪能したいです。

 - 最近の投稿