サンゴバン・グループの環境に関する取り組みについて

      2018/05/05

サンゴバン・グループは、建築や自動車、家庭生活用品などで使われるガラスや断熱材といった様々な高性能材料を製造し、世界中でシェアされている企業です。世界で事業を展開しているので事業活動は多様であり規模も大きく、それと同時に環境へ与える負担は大きいと考え、環境保護に対して強い意識を持っています。そのため、環境負担を削減する取り組みにも力を入れているようです。

具体的にどんな取り組みを行っているのか、サンゴバン・グループの環境に対する取り組みについてご紹介しましょう。

■環境に対する意識と取り組み

地域に合わせた住環境と建築市場、それらに関連する材料市場で高性能の材料を製造しているサンゴバン・グループは、64ヶ国でそれぞれの地域に適したソリューションを提供しています。住環境と建築市場では、世界でトップクラスのシェアを誇りますが、規模が大きいゆえに事業活動では様々な環境問題が起きると考えられます。サンゴバン・グループは企業理念に環境への配慮を掲げており、環境事故をなくすことと環境負担を最小限に抑えることを常に意識して事業を展開しているのです。例えば、生産工場では廃棄物が出ますが、サンゴバン・グループは優れたリサイクルシステムにより、廃棄物の減少に貢献しています。

廃棄物として扱われるガラスや鋳鉄、スクラップメタルをリサイクルしながら、高性能素材の製造事業に取り組んでいるようです。リサイクル量は順調に伸びており、製造とリサイクルの流れを工場させる努力はこれからも続けると掲げています。

■製品を通じた事業での貢献

建築材料や自動車の材料など様々な材料製品を製造していますが、つくられている製品は環境負担の削減や自然エネルギーの普及に貢献しています。例えば、ガラス製品なら建築や自動車向けに、断熱や発熱機能が備わった商品が製造されています。

建築の場合、断熱性が低いガラス窓だと室内は外気の影響を受けやすく、夏は暑く、冬は寒い空間となり、過剰に温度を下げたり上げたりする原因になります。断熱性が高いガラスだと快適な室温を保てるため、クーラーや暖房を過剰に使う必要がないので環境の負担を削減することが可能です。自動車で使われる発熱ガラスを導入すれば、ガラス表面にできてしまう氷結やくもりが除去されるので、安全な運転を実現できます。

サンゴバン・グループの製品は世界中で使われているので、自社製品を通じて世界各地の環境保護に貢献していることになるでしょう。

サンゴバン・グループの環境保護に対するこだわりは強く、リサイクルだけではなく木材は樹木の保全が保証されている森林から購入しており、資源を効率よく利用して製造業を展開しています。

今後も環境保護を重視した製品を製造し、環境に対する取り組みの意識を広める活動に努めていくでしょう。

 - 最近の投稿