日本テクノ株式会社の環境に関する取り組みについて

   

地球温暖化による環境の悪化が懸念されていますが、企業では様々な取り組みが行われています。日本テクノ株式会社もその一つで、環境事業を推進していくことで地球環境の保全を行っているのです。そこで、日本テクノ株式会社では環境に関する取り組みとしてどのような事業が行われているのか解説していきましょう。

■環境に配慮した事業展開

日本テクノ株式会社は電力小売事業や高圧電気設備保全管理・点検、キュービクル常時監視システムの販売や電力コンサルティングを行っている企業です。日本では二酸化炭素の排出の約3割を電力業界が占めていると言われています。再生可能エネルギーなど環境に配慮したエネルギーを利用することで環境への取り組みも見えていますが、未だに火力発電が6割を超えています。

こういった観点から、日本テクノ株式会社では電力ビジネスを通じて省コストと二酸化炭素の排出削減の2つの課題を改善できるよう環境に配慮した事業展開を推進し、SMARTMETER ERIAやSMART CLOCK、デマンド閲覧サービスなど、様々なサービスを提供しています。

■日本テクノ株式会社の環境への取り組み

日本テクノ株式会社では省エネ活動を多くの人に知ってもらうため、メディアを活用して発信しています。その内容をご紹介していきましょう。

・環境市場新聞の発行
2005年から日本テクノ株式会社が電力需要家や顧客を対象に定期的に発行している新聞です。環境や省エネをテーマにして地球環境に配慮した取り組み事例や地球温暖化に関する内容を、電力をメインに記事にしています。

・ソーラーパワービル
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同プロジェクトとして神奈川県にある自社ビルの壁面に太陽光発電システムを導入したのです。電光掲示板を設置し、電力発電量や二酸化炭素削減状況などを表示することで日本テクノ株式会社が行う環境貢献活動やエネルギーの見える化を行ったことで、省エネ意識を促進したとして2008年には「第5回かながわ 新エネルギー賞」を受賞しました。

・省エネ情報番組
現在は放映が終了していますが、2010年から「省エネの達人企業編」という番組を毎週放送していました。企業が行う省エネ活動や削減効果を紹介し、様々な人に日本テクノ株式会社の取り組みを広めることができ、環境保全への取り組み推進にもつながったのです。

日本テクノ株式会社では環境に配慮した事業だけではなく、様々な省エネ活動を広める活動を行っています。地球環境への負担を減らし二酸化炭素の排出が少しでも削減できるよう、これからも活動を続けることで多くの人の目に留まり、地球環境に関する問題の改善が期待できるのではないでしょうか。

 - 最近の投稿