太陽光発電 導入前の注意点とは?

      2018/08/16

太陽光発電を検討中の方は導入する際まとまった資金が必要になりますが、資金だけに限らず導入前にいくつか確認しなければいけないことがあります。太陽光発電は長い目で見ても非常に高いコストパフォーマンスが期待できますが、システムを導入する前にまずはどのようなことに注意すれば良いのかチェックしておきましょう。

補助金制度や融資サービスをチェッ

地方自治体から支給される補助金制度の内容は、年度によって変更する場合があります。

補充金の有無や支給額については住んでいる自治体によって異なるので、施工業者または地方自治体に直接問い合わせてみましょう。施工する際の資金が足りない場合は、太陽光発電専用のローン契約を利用することもできるので、現金一括払いが難しい場合は融資サービスを上手く活用して賢く返済していくことをおすすめします。

屋根の条件や設置場所を確認する

太陽光発電の設置は、屋根の向きや形状、面積などは各家庭の建物によって異なってきます。屋根の周囲に太陽光を遮るものがあれば発電量が大きく変わってくるので、建物だけでなく周りの環境も考慮しなければなりません。この点については素人では判断できない範囲になってくるので、必ず業者に立ち入ってもらい直接現場で条件を確認してもらうようにしましょう。

システムの種類やメーカーを比較する

業者によっては太陽光発電のメーカーを複数扱っているところがあります。どのシステムなら自身の住まいに合致するのか、各システムを比較しながら検討してみてください。太陽光発電は10年以上の長期に渡り使い続けていく設備なので、導入する前にしっかり最適なシステムを厳選しなければなりません。

設置するシステムによって発電量が変わってくるので、予想される消費電力量を試算するといった方法もあります。どのくらいの発電量を引き出せればコストパフォーマンスが良くなるのか、業者の方と相談しながら決めていきましょう。

太陽光発電を導入することが確定したら最適なプランで実行できるように、依頼先の業者とよく相談し合って進めることが大切です。丁寧で明瞭な説明をしてくれる業者は、システムの保証期間や保証内容、点検などのサポート面までしっかり対応してくれることでしょう。業者選びは最適なプランを決める上で最も重要になるポイントなので、できるだけ多くの業者から見積りを出してもらい、サービスや対応などトータル的に手厚い業者を選ぶようにしてください。

 - 最近の投稿