エコキュートの特徴

      2018/08/12

2001年頃から普及し始めたエコキュートは、国内で500万台以上の販売実績があります。

人気が高く現代の住まいに導入する方も多いのですが、エコキュートの特徴を知らないという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、エスコシステムズなどが販売するエコキュートの特徴や仕組みについてご紹介していきます。

エスコシステムズなどが販売しているエコキュートとは

エコキュートは、ヒートポンプの技術を採用して空気の熱によってお湯を作る電気給湯機のことを指します。電気代が安い夜間電力を使って夜間のうちにお湯をタンク内で沸かしていくので、ガス給湯機よりも安くお湯が使えるというのが最大の特徴です。エコキュートに使われているヒートポンプ技術は、エアコンにも採用されている技術と一緒で室外に設置されているファンによって外気の熱を吸収し、その熱でお湯を温めるという仕組みになっています。

電気だけでなく外気温も活用するので、省エネルギーでお湯を沸かせる構造になっています。このヒートポンプ技術によって発生させることができる成績係数をCOPと呼んでいますが、エコキュートのCOPは3程度という結果が出ており、電気を使い熱量を得る理論値の約3倍もの効率があると言われているようです。

一般的なガス給湯器はガスをそのまま熱にしていくので、ヒートポンプ技術を搭載しているエコキュートよりも高効率な給湯ができない仕組みになっています。

エコキュートがお得な理由

エコキュートは割安な深夜電力を活用した経済性についてのメリットがあります。消費エネルギー量はもともと少ないのですが、深夜電力を活用することによってさらに費用を節約することができます。オール電化の場合はオール電化ではない家に比べて昼間の電気代が高く設定されているのですが、その反面深夜の電気料金がかなり割安になっているのです。「効率的にお湯が沸かせる省エネ機能」と「電気代をお得に利用できる経済性」この2つの要因を組み合わせた効率的な電気給湯機であると言えるでしょう。

このように夜間電力を利用してお湯を沸かすことによって電気代を安くすることができるエコキュートですが、日中タンクの湯量が減ってしまった時は沸き上げをしなければなりません。そうなると日中時間帯の電気料金が適用されることになるので、昼間多くお湯を使うご家庭はプランの見直しをして、できるだけお得に使えるプランを選ぶようにしてください。

代表的な業者としてエスコシステムズが挙げられますが、各社のプランによって特徴がありますので、各家庭に合ったプラン診断は簡単に行うことができるので、プラン選びの参考にされてみてはいかがでしょうか。

 - 最近の投稿