エスコシステムズが提案するエネルギーの「創」「蓄」「省」

      2018/09/25

株式会社エスコシステムズでは、ESCO事業を機軸に太陽光発電やオール電化など様々な省エネ設備の提供を行っています。そんなエスコシステムズが提案するシステムは「創」、「蓄」、「省」の3つの連携により成り立っていますが、どのようなサービスなのでしょうか。

エスコシステムズの「創」

「創」とは「創エネ」のことを指し、CO2削減に貢献する技術や低炭素エネルギー技術をつくり普及させていくことです。エスコシステムズは「創」のサービスとして、太陽光発電の製品提案や設置、メンテナンスなどのサービスを提供しています。従来の火力発電はCO2を排出量が多く、さらに有限な燃料を使用するので環境に何かしらのダメージを与えるとされています。

一方、太陽光発電など自然エネルギーを使用した発電は火力発電よりもCO2や炭素の排出が少なく、自然の力を利用した発電なので資源の枯渇もないので、とてもエコな発電方法です。エスコシステムズは価格だけで太陽光発電を選ぶと、メーカーや販売店の倒産、メンテナンスや保証が不十分などのトラブルがあり、また適当に設置する業者も少なくないと危機感を持っています。そのようなトラブルを回避して長く使い続けてもらうために、予算やライフスタイルに合った製品の提案から、適切な設置工事を心がけています。

エスコシステムズの「蓄」

「蓄」は「蓄エネ」を示し、エネルギーを蓄積する技術のことです。自然エネルギーの弱点は出力が変動する傾向にあるため、そのエネルギーを使いこなすためにも大容量化や低コスト化の技術開発が求められています。

エスコシステムズで提供している「蓄」は蓄電池です。これは電気を貯めておける電池で、太陽光発電と合わせると自家発電した電気を長時間使えるというメリットがあります。また、停電など災害時の電力確保にも役立つ設備です。

エスコシステムズの「省」

「省」は「省エネ」のことを指し、エネルギーの消費を削減することです。近年は断熱性の高い住宅構造や省エネシステムの導入が推進されており、エスコシステムズでは「省」のサービスとしてエコキュートやオール電化の提案・設置を行っています。エコキュートは空気の熱を使用してお湯を沸かすことができる給湯器で、使用する電気量を抑えることができます。

節水モードにすれば年間約6,800円も水道代を抑えることが可能です。省エネでも快適にお湯が使え、また非常時は生活水、停電の時もお湯を使用できます。オール電化はガスを使わず全て電気でエネルギーを賄う設備で、エネルギー問題に対しても効果が高く、さらに電気はエネルギーの中でも復旧が早いので有効性が認められています。

オール電化で代表的なのがIHクッキングヒーターですが、火を使わないので熱くなく、ガスを使わないので小さな子どもがいるお家も安全で、汚れにくく掃除もしやすいメリットがあります。他にも床暖房や食器洗い乾燥機などオール電化機器の設置や撤去に対応可能です。

このように、エスコシステムズは「創」、「蓄」、「省」を連携したサービスにより、快適性と安全性、そして環境に配慮した住宅環境を構築することが可能です。省エネ設備の販売と設置実績が豊富なので、省エネ住宅にしたいという方は相談してみましょう。

 - 最近の投稿