環境改善に取り組む会社についてまとめてみました。

エスコシステムズや大和エネルギーなど、環境改善に取り組む会社を調べました。

エスコシステムズが行う事業の取り組みや特徴について

      2017/08/17

エスコシステムズのESCO業務

エスコシステムズが行っている取り組みは主にESCO事業で、サービスの展開方法について力を入れている企業です。
ESCO業務の大きな特徴として通常大規模な資金が必要な企業のライフラインの開発や設置といった業務の9割を企業の代わりに行うという内容です。
なのでこれから起業する人でも会社のライフラインの一部の事を考えなくても良くなるため、自社の仕事に力を入れる事ができエスコ業務そのものが間接的に業績アップの効果を有している事になります。
エスコ業務という考え方そのものは世界でも比較的古くからありましたが、日本で本格的に運用が始まったのは2000年代と比較的新しくまだ改善の余地がある制度ではありますがエスコシステムズでは運用方法を工夫する事で、いち早くESCO業務のトップブランドとして成長した経歴も持っています。
まずこの会社が努力したのがESCOという考え方そのものを普及させるという点で、新しい制度であるためその認知力を高くしてメリットを知ってもらう必要があったのです。

そのためまずESCO業務を請け負う会社の発言が信頼度の高い物にするために、スタッフの教育をコミュニケーション能力に特化した教育方針にしできるだけ契約者と深く話をしこれによって自分達が提供しているサービスの話を聞いてもらえるような企業との信頼関係を築くようにしたのです。
この効果は絶大で現在この会社には数多くのスポンサーが付いており、それら企業のネームバリューの力も相まってESCOのサービスそのものの認知度も高くなりました。
この業務の根源となっている点は電力というライフラインの設備にかかる投資を全面的に負担するという点で、開発や設置費用だけでなく反対に光熱費が高騰して損をしてしまった場合にはその損害をESCO業務を行っている企業が負担するという事が大きな特徴になっています。
そのためこの業務を展開するには企業力が非常に重要になってくる上に、資金を用意するためのスポンサーも必要なのでただ技術力や知識が優れているだけでは運営そのものができない仕組みになっているのです。
その点この会社では業務を展開する前から信頼という下地を十分に作り上げ、豊富な資金も用意する事ができより円滑な業務ができている会社の一つと言えます。
ただしスポンサーがいても電力供給のシステムを開発するという点においては、国から発行されている電気事業者登録という作業を行わなくはならず、登録しても5年毎に登録内容を更新しなければならない上に電力供給システムの開発を行う部署も立ち上げなくてはなりません。
そこでこの問題を解決するために他社が開発している電力供給システムを利用して、業務を行うという方法を採用しました。

エスコシステムズの考え方

なので電力供給システムという一種の心臓部分の設備に名前も聞いた事がないような企業のシステムを使う事はなく、一般的に広く知れ渡っている企業のシステムを搭載する事になります。
この影響で企業だけでなく一般家庭にも導入を希望する方が表れ始め、エスコシステムズでは住宅関連の設備の設計や施工そして大規模なリフォームも行えるように環境を整えました。
さらに近年では住宅にセキュリティシステムを搭載する方が増えているので、住宅設備だけでなくセキュリティシステムに関しても開発や販売を行っており保守サービスも万全の体制になりこの会社の業務の展開範囲は留まる事を知りません。
しかし日本国内のESCO事業の展開はまだまだ発展途上とも言え、最近では制度の一部見直しがされた事が有名になっています。

設立当初の考え方としては電力供給等の提供したシステムの所有権は、それを提供した企業の物であるという扱いになっていたため管理形態の統率が容易になるというメリットがありました。
しかし契約期間終了後の円滑な設備運用を考慮するためには、この仕組みそのものが足枷になっていたため購入したお客側の物であるという扱いになりました。
これによって設備の受け渡しもしやすくなり、契約を依頼した企業側とESCO業務を請け負う企業側が密に連絡が取りあいトラブルへの対応力が高い運用方法になったのです。
そのためこの会社が設立当初から築き上げてきた信頼度がさらに重要になり、ESCO業務を依頼するという企業の選択肢の多くにエスコシステムズの名前が出るようになったのです。
制度見直しの際にもいち早く対応方法を変えたのがこの会社で、特に業務に支障なく2017年現在ではESCO業務を行うトップブランドとしての風格を獲得しています。
契約者の設備になるという扱いに変更されて以降、ESCO業務は益々人気を見せておりその一番の影響となっているのが電力自由化です。

電力自由化による契機

電力自由化によって備蓄した電力を販売する事ができるようになったため、ESCO業務で設置したエネルギー効率の高い設備で蓄電を行いそれを販売して利益を獲得するという事までできるようになったのです。
さらに政府では電力販売に関して補助金制度を設立するという取り組みまで行っているので、ESCO業務のメリットが益々輝くようになりました。
ESCO業務は電力供給システムの開発や設置、保守サービスまでを行う便利なサービスですがあくまでも維持費用を肩代わりするだけで後にその費用を返済する必要があるのです。
そのため返済に備えて備蓄電力を販売する等して負担を軽くする必要があったのですが、補助金の存在によってリスクを気にする事なくシステムの導入ができるようになったのです。
さらに省エネという考え方が日本国内の天災の影響で注目されている点も効果があり、よりライフラインの費用を抑えようと各社がESCO業務を行う企業との契約を行っている状況になっています。
この業務の大きな特徴として必要な設備の開発や維持等で、無駄な費用をかけずに済むという点が挙げられますが何より導入しても導入された側の企業は何もしなくて良いという点が大きく注目されています。
例えば通常発電システム等は定期的な検診が必要な上に、メンテナンスを行う事になりますがメンテナンスを行うには電力の業務に関する登録に匹敵する程の専門的な人材が必要になってきます。
ただし企業によっては電力とはまったく関係ないサービス等を展開している事も多く、人材を育成するための下地も用意しにくいという敷居がありました。
そこで役立つのがESCO業務でこれならば自社で用意できない専門的なスタッフの即戦力の確保が期待できる上に、長期的に観れば電力供給で利益を獲得する事も可能なため新たな業務展開の展望さえあるのです。
事実ESCO業務を依頼した一部の企業では電力販売を精力的に行っており、企業によってはメインの業務となりつつあります。
以上の点からエスコシステムズが行っているESCO業務という取り組みは、企業によってメリットの塊であり利益の可能性を秘めた原石ともなっているので、積極的な導入を強くお勧めします。
また企業でなくともこの会社では住宅関連の設備等の開発や設置等も行っているので、必要に応じて契約するとより快適な生活空間が手に入るのでお勧めです。
合わせてこの会社ではセキュリティシステムの開発や販売まで行っているので、安全な生活空間が欲しい方や企業に強固なセキュリティが必要な方も積極的に導入を考慮するようにしましょう。
特にこの会社が導入する設備の多くは大企業が開発している物が多いので、そういった面でも信頼度の高い企業としてお勧めできます。

 - 最近の投稿