環境改善に取り組む会社についてまとめてみました。

エスコシステムズや大和エネルギーなど、環境改善に取り組む会社を調べました。

三菱電機の事業内容・会社概要について

   

三菱電機といえば、3つの赤いひし形のマークが組み合わさっているマークがとても有名です。このマークを見れば、すぐに三菱と分かります。

本社は、東京都千代田区丸の内にあるビルにあります。1921年1月15日に設立された会社で、90年以上の古い歴史を持っています。とても巨大な企業であり、全国各地に三菱電機の支社や製作所、研究所などがあります。それぞれの場所で任された業務を行いつつ、経営を成り立たせています。

経営理念として、7つを掲げています。信頼と品質、技術に貢献、遵法に環境、そして発展です。社会全体や顧客、取引先に株主や従業員たちからの信頼を保つこと、良質な製品やサービスを提供することをモットーにしています。技術の分野では常に研究開発を怠ることなく、開拓する精神を貫いています。

世界的企業として地域や社会にとって良い状態を作るために貢献し、法律を守ることを大切にしています。自然環境を考慮して、多くの人が納得できる利益を追求しながら、発展を目指すといった経営理念にまとまっています。事業内容は大きな枠で見れば総合電機メーカーの立ち位置です。電気に関する多くの技術を持っているのが強みで、
この大枠から細かく分類される形で、それぞれの事業を行っています。

5つの枠があり、重電システムと産業メカトロニクス、情報通信システムに電子デバイス、家庭電気に分かれています。一般の消費者向けとして有名なのは、家庭電気でしょう。

家電量販店や家電を取り扱う通販サイトなどを見ると、必ずといってよいほど三菱電機の製品を見かけられます。家庭電気の分野で有名な製品としては、ルームエアコンや太陽光発電システム、冷蔵庫や液晶テレビなどがあります。
また、個人向けの給湯器「三菱エコキュート」等、省エネ製品も多く発売しています。

家庭電気とはありますが、業務用の空調機や映像機器などもこの分野に該当します。重電システムには鉄道車両向けのインバーターや野球場の大型映像情報システム、医療分野の粒子線治療装置などを作っています。産業メカトロニクスではシーケンサーや産業用ロボット、カーナビなどを、情報通信システムの分野では総合運用管制センターに基幹業務サーバー、標準衛生プラットフォームなどに対応しています。

電子デバイスとして、IGBTチップ搭載のIPMや、タッチパネルが搭載された液晶モジュールなどを作っています。

 - 最近の投稿