環境改善に取り組む会社についてまとめてみました。

エスコシステムズや大和エネルギーなど、環境改善に取り組む会社を調べました。

Panasonicの事業内容・会社概要について

   

"家電製品が登場して日本人の生活がとても便利になりましたが、便利な家電を提供してくれる日本のメーカーといえば、パナソニックがあるでしょう。身近な家電メーカーとして、昔も今も大活躍している上場企業です。

本社は大阪府門真市です。創業者は松下幸之助氏。和歌山県出身のとても有名な人物で、経営の他に多くの本を執筆したことでもよく知られています。創業は1918年3月7日です。創業者とその家族の3名という、とても小さな事業所からはじめました。大ヒット商品になった二股ソケットを発明し、製造販売を手掛けてきました。その後、1935年12月15日に会社を設立しています。

現在ではすっかり大企業に成長して、連結対象の子会社として490社以上、連結の従業員数では25万人以上、連結売上高に関しては7兆円を軽く超えています。

経営理念として、製品の生産や販売で人々の生活を高めること、問題点を改善することなどを目指し、国内だけにとどまらずに世界規模の文化の進展のために事業を行うようにしています。事業内容に関してですが、Panasonicでは各事業ごとにグループ会社が存在しており、たくさんの会社が関わりながら開発したものを製造、販売している流れになっています。出来上がった製品やサービスには、Panasonicのブランドが掲げられます。

エアコンやテレビ、洗濯機に電子レンジ、冷蔵庫などの他、クリーナーやキッチン、美容関係の家電に、冷熱空調デバイス、スマートエネルギーなどの分野があります。照明器具やランプなどのライティング、太陽光発電や内装建材といったエコシステムの導入、介護関連や自動車関連の製品の開発なども手掛けています。

エコシステムでは、ヒートポンプ給湯器(エコキュート)等の製品により、個人の光熱費の削減やエコにつなげています。

家庭用にとどまらず、業務用のディスプレイにビデオ会議ができるシステムの用意、音響システムや放送システム、監視や防犯用の映像セキュリティにも強みを持ちます。オフィス機器に電話機、法人向けの格安スマホサービスなどもあります。電池や半導体などに関する分野も得意としており、自社の技術を用いた住宅建築サービスを取り扱っています。

家電メーカーの強みを活かしつつ様々な分野に進出し、人々の生活を豊かにする製品を作り続けてくれる存在としてPanasonicは高い信頼を寄せられています。

 - 最近の投稿