エスコシステムズが取得している「おもてなし規格認証」とは

      2019/03/13

エスコシステムズは、顧客をはじめ従業員や地域に対しておもてなし精神を提供するため、おもてなし規格認証を取得しました。未来につなげる省エネを提案するために多くの人の精神を満足させ、事業をさらに発展していくことを目指しています。ここでは、おもてなし規格認証の特徴や定義についてご紹介していきましょう。

おもてなし規格認証の特徴

「おもてなし規格認証」とは、サービスや品質を見える化するための規格認定制度です。日本全国にある事業者サービスを見える化することで、サービス産業の活性化や生産性・地域の活性化が図れるよう運用が開始されました。今や日本の国内総生産の70%以上はサービス産業によって支えられていると言われています。サービスや品質を形あるものにすることは非常に難しいからこそ、見える化を実現し創設に至りました。サービス品質の一部を明化することによって、以下を実現できるようになります。

  • 【サービス事業者】
    規格認証制度を活用することによって、サービスをより良質なものに改善できる
  • 【消費者】
    おもてなし規格認証を取得した事業者に対し、サービス利用頻度が増える

おもてなし規格認証は、事業者側・消費者側どちらに対しても、高品質なサービスを実現できる枠組みとなっています。目に見えないサービスは購入すること、使うことに比べて品質の判断がつきにくいものです。ですから、このような「サービスの見える化」を実現することは事業者にとっても、消費者にとっても必要不可欠であると言えます。

おもてなし規格認証の定義

エスコシステムズが展開するおもてなし規格認証の定義についてご紹介します。

  • お客様の期待を元に、共に価値を創ること
    顧客の満足度を実現させるために、サービス内容及び提供プロセスを反映させサービス内容を事前に伝えます。
  • 地域や社会と共生していくこと
    地域・社会の声名を聞き入れることによって、地域への貢献を視野に入れたサービスを提供できるようにします。
  • 従業員の意欲と意欲を引き出すこと
    サービスを提供する従業員のノウハウを向上させる環境を整え、従業員の満足度を高めます。
  • 継続・発展させていくこと
    サービス品質に対する改善追及を定期的に行い、変化する顧客ニーズに対応しながら継続を図ります。また、事業者は期待されるサービスに新たな付加価値を加え、成果につなげていきます。

株式会社エスコシステムズが取得している「おもてなし規格認証」は、運転資金において日本政策金融公庫から低利息で融資を受けることが可能です。このような公的支援が受けやすくなることも、おもてなし規格認証を導入するメリットになるでしょう。

 - エスコシステムズ関連